日刊資源新報購読お申し込みはこちら

再生資源・リサイクル業界の専門紙

日刊資源新報

WEB資源新報 BACK NUMBER 2014年10月

太陽光偏重見直しへ 固定買取制度見直しで論点整理

経済産業省はこのほど開かれた総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会で、再生可能エネルギーの固定買取価格制度の見直しに向けた論点を示した。現行制度の大枠は維持しつつ、太陽光発電への偏重を修正する対策を講じることや、国民負担軽減のための制度の抜本的な見直しなどの方向性を示した。併せて、再エネ事業の効率性を高めるための対策についても検討していくこととした。

再生可能エネルギー固定買取制度では導入当初、太陽光発電の買取価格は42円/kWだったものが同32円に引き下げられている(風力・地熱等は据え置き)。そのために買取価格が下がる前に認定を受けようと、太陽光発電での申請が改定直前に集中する事態となった。現状、認定案件の96%が太陽光発電となっている。一方でさきごろ、九州電力が新規買取契約の受付を中断しており、現在、主要10社中7社が買取を中断している。天候の影響を受けやすい太陽光では発電量が安定しないことなどから、太陽光比率の拡大には当初から各社、消極的な一面が見られてはいた。

今回、分科会に経産省が示した主な論点では、国民負担のあり方については、電気料金の上昇についての国民の許容範囲についてアンケートで把握することとし、買い取り価格は導入量が一定量を超えた場合に価格が自動的に下がる仕組みを検討することとしている。また、大規模太陽光発電所(メガソーラー)については経産省の設備認定を早急に中止し、太陽光偏重を修正するため、他の再生可能エネ導入の推進策を考えるとしている。風力、地熱発電等、導入が進まない他の再生可能エネについては、現状で数年を要する環境影響評価(アセスメント)の期間を短縮できるよう規制を緩和するなどの提案をしている。

城東金属防犯協会 防犯・交通講習会を開催 大木会長「一般防犯にも努力」

防犯・交通講習会

防犯・交通講習会の様子

城東金属防犯協力会(会長・大木義夫 大木産業社長)ではこのほど、江東区亀戸にある「鳥長」において城東警察署の各担当課長を招き、防犯・交通講習会を開催した。講習会の冒頭、挨拶に立った大木会長は「9月の全国交通安全運動も終わり、10月の生活安全運動も終わりましたが、我々地域の防犯協力会は安全・防犯に毎日取り組んでいくことが重要です。世間では振り込め詐欺や危険ドラッグなどがマスコミなどを通じて騒がれています。こうしたなかで、我々防犯協力会としても、金属類の盗難だけでなく、一般防犯にも努力していかなければなりません。こうしたなかで、本日の講習会が明るい社会を作るための一助になればと考えています」と述べた。

講習会ではまず、長い交通課長より、城東管内の交通事故の状況などが説明され、管内において事故は減少傾向にあるものの、都内全域では事故が相次いるとした。中でも大型車では前ぽ不注意に伴うもの、商用車では裏道を利用する際に事故が発生するケースが多く、注意が必要としている。次に大蔵刑事組織犯罪対策課長より、城東管内の事件についての説明が行われ、オレオレ詐欺などの特殊詐欺は昨年から7件、被害金額にして1億円以上が減少したものの、依然6000万円以上もの被害が出ていることから注意が促されている。また、業界に大きく関連する金属盗難についても、新砂エリアにある倉庫から銅線が盗まれる事件が頻発しており、業界関係者に対して引き続き協力が求められた。

最後に、今生活安全課長からは、警視庁として現在、身近な犯罪抑止に向けた取り組みとして、①人身関連事案防止、②特殊詐欺撲滅、③危険ドラッグ禁止、の3つを最重点課題に取り組んでおり、市内に溶け込んでいる事件に繋がりかねないような気になる事案があれば、警察まで通報頂きたいとしている。

PETボトル A判定1.4%の増加 26年度分の品質調査結果

(公財)日本容器包装リサイクル協会では、市町村の指定保管施設から引き取るPETボトルの分別収集品について、分別基準および当協会の設定した引き取り品質ガイドラインに適合するよう分別収集・保管されることとしている。併せて、分別収集品の品質改善と情報共有化を目的として、平成10年度から全指定保管施設のベール品質調査を実施し、調査結果を公表している。このほど、26年度分(10月6日時点)の品質調査結果が公表された。

それによると、品質検査済み保管施設数869設数中、総合判定Aランクとなったのが825施設で全体の94・9%、Bランクとなったの23施設で同2・6%となった。また、Dランクが21施設、同2・4%となっている。D判定のうち、D(A)=丸ボトルのために総合AであるもののD判定となったのが10施設、D(B)=丸ボトルのため 総合BであるもののD判定となったのが5施設あった。その他6施設については合計点数が80点以下、または「外観汚れ」「キャップ付きボトル」のいずれかの判定がDとなったもの。調査対象となったPETボトルの総本数141万8500 総重量4万5500キロ。

協会では調査対象となった市町村に対し、評価Aランクについては現在の品質の維持を、Bランクについては検査項目毎の判定結果を参考に品質の向上をもとめており、Dランクについては改善対策の計画の策定と実施、および改善計画書の提出を求めている。