日刊資源新報購読お申し込みはこちら

再生資源・リサイクル業界の専門紙

日刊資源新報

WEB資源新報BackNumber 2016年12月

3R推進団体連絡会 自主取り組みに進展 各団体の5年間の成果報告

3R推進団体連絡会の記者会見

3R推進団体連絡会の記者会見

容器包装のリサイクルに係る8団体で構成される3R推進団体連絡会ではこのほど、「容器包装の3R推進のための第二次自主行動計画」における5年間の取り組み成果と2015年度のフォローアップ報告に関する記者会見を執り行った。3R推進団体連絡会は、容器包装リサイクル法改正の審議過程で事業者の役割徹底・深化と主体間連携の強化を図るべく、2005年12月に結成。2006~2010年度、2011年度から2015年度をそれぞれの最終年度とする自主行動計画を策定し、それぞれの分野での3R、特にリデュース・リサイクルを軸に取り組んできている。

同連絡会では今回の第二次自主行動計画で、事業者の自主的取り組みで容器包装の3Rが一段と進んだとし、リサイクルの分野では、PETボトル(目標値85%以上、実績86・9%)、スチール缶(目標値90%以上、実績92・9%)、アルミ缶(目標値90%以上、実績90・1%)、プラスチック容器包装(再資源化率目標44%以上、実績45・3%)、紙製容器包装(回収率目標25%以上、実績25・0%)、段ボール(回収率95%以上、実績97・2%)の6団体が目標値を達成。(詳細は別表を参照)他方、達成できなかったガラスびんに関しては、多様な関係者との連携による地域型びんリユースシステムの構築や情報発信などに努めたとしており、飲料用紙製容器については、可燃ごみからの分別向上や回収量の正確な数値把握が必要との見解が示された。

一方、リデュース率に関しても、PETボトル(目標値15%、実績16・7%)、スチール缶(目標値5%、実績7・2%)、アルミ缶(目標値4・5%、実績7・8%)、紙製容器包装(目標値11%、実績12・2%)、プラスチック容器包装(目標値13%、実績15・1%)と5団体で達成し、容器包装の軽量化も進展、8団体によるリデュース効果は、資源節約量の2006年度からの累計で約467万トンに達するとした。

横浜市資源リサイクル事業協同組合 資源回収高度化へ 北海学園大学と合同研究会

横浜資源リサイクル事業協同組合と北海学園大学の合同研究会

見学を行う北海学園大学のゼミ生

横浜市資源リサイクル事業協同組合(髙田哲二理事長)ではこのほど、国内外のリユース・リサイクルの研究を行っている北海学園大学経済学部・浅妻裕教授のゼミナールとの合同研究会を開催した。 今回の合同研究会は、同大ゼミ生の研究テーマが北海道における主に古紙を中心とした資源回収について様々な観点から調査を行っていることから、学生による組合の施設見学会のほか、集団回収などの資源回収に焦点を当てて議論が行われた。

研究会ではまず、ゼミ学生側に対し、横浜市資源リサイクル事業協同組合からは戸川孝則企画室室長より、同組合の掲げる「りくみビジョン2020~戦略的CSR活動~」について説明が行われた後、横浜市集団回収推進部会・木村雅史事務局長より横浜市における集団回収による古紙回収率100%に関する事例報告が行われた。次いで浅妻ゼミ生から、札幌市及び周辺自治体におけるリサイクルにおける集団回収の位置付けや集団回収の歴史に関する報告、また、地理情報システム・GISを用いた北海道内の一般廃棄物処理・リサイクル事業者などの立地特性分析についての報告が行われている。

質疑応答では、ゼミ生が調べた行政回収と集団回収のコストの中身や減少傾向にある古紙回収と資源回収の歴史的な位置付けと今後のあり方、更に北海道における「じゅんかんコンビニ」といった新しい拠点回収方式等について活発な議論が行われた。また、地理情報システムを用いた資源回収業者の立地特性分析に関しては、業界の実態を反映するデータ集計のあり方として「流通」の視点を取り入れる必要性等が指摘されたものの、資源業者の高齢化や減少が進むなかで、今後の業界の資源回収のあり方や事業展開等戦略を検討する上で示唆に富むものであり、組合側の参加者にとっても有意義な研究会になったと言えよう。

三筒産業 ODA案件に採用 マーシャル諸島にプレス機を納入

マーシャル諸島に納入したプレス機

納入したスクラッププレス機

油圧シリンダーのトップメーカーとして金属スクラップ加工を中心とした廃棄物処理・リサイクル機器の製造・販売を手掛ける三筒産業株式会社(本社・香川県高松市、筒井敏司社長)では、政府のODA案件の一環として、マーシャル諸島(マジュロ)のリサイクルセンターに同社のスクラッププレス機が採用され、このほど現地への納入式が行われた。

このマーシャル諸島へのプレス機納入は、日本のODAを中心とした国際協力の調達を行う専門機関である一般財団法人日本国際協力システム(JICS)による案件で、同案件の受注で双葉インターナショナルから三筒産業のプレス機導入が進められたもの。納入に当たりマーシャル諸島を訪問した三筒産業・筒井社長は「廃棄物と資源物が混合集積された現場を見たが、廃棄物処理やリサイクル分野で選別加工などといった我々が持つ技術が海外で貢献できる場は多い」と語っている。

相場の低迷や発生量の低迷など、国内の再資源化業者を取り巻く環境は年々厳しさを増すなか、加工処理機メーカーでも国内から海外に目を向ける動きも出始めており、今後の更なる海外展開方法の模索を再資源化機械メーカー業界では進めていくことも求められるところだ。