日刊資源新報購読お申し込みはこちら

再生資源・リサイクル業界の専門紙

日刊資源新報

WEB資源新報BackNumber 2016年3月

三菱マテリアル 廃家電からレアアース回収 効率的なリサイクル技術を開発

三菱マテリアルはこのほど、使用済み廃家電由来のモーターからレアアース磁石を回収し、レアアースを精製する効率的な技術を開発したと発表した。乾式処理と湿式処理を組み合わせたプロセスにより、廃家電から回収されモーター内のローター(回転子)から効率的なレアアースの回収精製を可能とした。将来的な大幅増が見込まれるレアアース磁石のリサイクル需要に対応するため、今後はパイロットプラントによる実証を進め、将来的な事業化を図る方針。

同社では、グループが家電リサイクル法に基づき、全国に展開する5社6工場において、現在230万台(14年度実績、シェア約20%)の使用済み家電を処理、鉄、銅、アルミ等の回収リサイクルを実施している。モーターからのレアアース磁石の回収に関して、今回の開発された新技術では、従来必要となってきた消磁作業が不要となったことが大きな特徴だ。

また、大気中でも酸化することなく、レアアースと鉄を分離可能で、更にレアアース含有スラグは水に溶けやすい特性を有することから、湿式工程においてレアアースを濃縮して回収することも実現している。同社では、今後グループ全体で10年後の処理総量として年間数十トンを想定している。

JWセンター 金属スクラップ等に可能性 産廃処理業の海外展開へ調査

JWセンターのセミナー

JWセンターの海外展開セミナー

(公財)日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)は14日、産業廃棄物の海外展開促進セミナーを開催した。同センターでは、環境省から「平成27年度産業廃棄物処理業の海外展開促進策の基礎的検討調査業務」を受託しており、今回のセミナーはその一環として成果の一部を提供するもの。冒頭、挨拶に立った環境省産業廃棄物課の水谷好洋課長補佐は「国内の産廃の回収量は横ばい、産業構造の状況を見ても今後発生量が増えることは見込めない。そういったなか、付加価値を高めていくということも大切だが、新たなマーケットも探さないといけない。事業者の方のなかには海外展開に意欲的な方も多いが、『情報が足りない』、『中小なので1社だけではできない』といった事情もある。環境省としてはこういった事業を通じて、事業者の方々に必要な情報を提供していきたい」と述べた。

今回の調査の対象となった国は、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ミャンマーの東南アジア7か国。セミナーでは、これらの国の廃棄物規制制度やその運用状況、業界の状況や取引慣行などを紹介した。調査の結果、これらの国では、現地業者との競合が少ない分野では、海外展開のポテンシャルは十分にあるとして、具体的には、純度の高い金属、E‐wast、付加価値が高い、または再生回収が難しい廃油などの分野を挙げている。

また、東南アジア諸国では今後、金属スクラップの発生量が拡大することが見込まれており、先行的に金属スクラップビジネスを開始することも一つの選択肢としてあるとした。そのほか、実際に海外展開をしている日本企業(処理側、排出側)からのヒアリングや、各種政策支援についても調査している。近く詳細な報告書がまとめられ、公開される予定。 なお、セミナーでは、調査報告のほか、既に海外展開を進めているDOWAエコシステムから海外事業部の江藤宏樹副部長、海外展開する企業のコンサルティングを手掛ける日本環境コンサルタントの倉澤壮児代表取締役が招かれ、講演も行われている。

神戸市 酒販組合と協定締結 会議などにリユースびん導入

利用促進に関する協定

リユースびん利用促進へ協定

神戸市環境局は3月11日、酒販店でつくる芦屋東灘酒販協同組合と「神戸市におけるリターナブルびん入り飲料の利用促進に関する協定」を締結した。この締結により同市では、来年度から市民らが参加する庁内会議で出されるお茶や水などをリターナブルびん入り飲料に切り替え、市内におけるリターナブルびん入り飲料の利用促進と廃棄物の発生抑制につなげる。飲料は同組合を通じて購入し、空きびんの回収も商品納入時に行う。

これはNPO団体WorldSeedが環境省「平成27年度びんリユースシステム構築に向けた実証事業」の一環として行ったもので、1月には神戸市職員向けにリターナブルびん推進意義の理解を深めるためのセミナーも開催した。これまでWorldSeedが行ってきた奈良県生駒市や奈良市でのリユースびん導入事業では、同団体が開発した緑茶飲料「ToWA」を使用していたが、今回の取組では大手ボトラーの商品を使用する。また、地域の酒販組合が商品納入・回収する仕組みにしたことで、地域経済への貢献という副次的な効果も見込める。同団体副代表の中島光氏は「今回の事業は長年取り組んできたリユースびん普及事業の集大成。大手ボトラーの商品を使い、地域の酒販組合さんが流通を担うこのモデルは他地域への応用が十分に可能だ」と今後の広がりを期待する。

神戸市でもこの取組を通じてびんの活用促進に向けた内外への広報活動も積極的に展開していくとしており、環境局担当者は「行政が積極的にリユースびんを使うことで、市民生活の中にリユースびんが広がっていけば」と語った。