日刊資源新報購読お申し込みはこちら

再生資源・リサイクル業界の専門紙

日刊資源新報

WEB資源新報BackNumber 2016年5月

鉄リサイクリング・リサーチ 鉄くず高騰3要因を分析 短期沈静化、中長期は下降へ

国内外の鉄スクラップに関する調査・研究を手掛ける株式会社鉄リサイクリング・リサーチの林誠一社長はこのほど、調査レポートNO.35「価格高騰を招いた三つの要因」を取りまとめ、公表した。鉄スクラップ相場は昨年の夏以降、急落を見せ、昨年末から年初にかけ1万4000円/トン(H2)前後水準とリーマンショック以来となる低価格帯での推移を余儀なくされ、一時、1万円割れも想定される状況となったが、3月以降急騰を見せ、2万5000円超の価格帯まで値戻しを見せている。同レポートはこの要因を3つ挙げており、2つを海外要因、1つを国内要因であると論じている。

林氏はまず、今回の価格急騰要因の1点目は「鉄鉱石価格の急回復」にあるとし、なかでも今年3月7日、中国が輸入する鉄鉱石スポット価格が全人代での内需喚起策を背景に急騰したポイントを指摘。鉄鉱石スポット価格は今年2月以降、前年末40ドル台から3月7日に64ドルまで55%もの急騰を見せたことが鉄スクラップ価格の急上昇につながったと分析した。第二点目として、中国ビレット輸出の価格対策を挙げている。中国は内需低迷による余剰ビレットのはけ口を輸出に求め、昨年は前年比で倍近い2600万トンものビレットを世界中に展開したと見られる。今年1―3月も高水準の推定650万トンが輸出されたと見られるが、価格は今年に入り1月を底に低下に歯止めがかかり、指標となる中国からのトルコ向けビレット輸出も1月25万トン(193ドル)、2月9万5000トン(249ドル)、と価格上昇と数量減を見せ、3月には1万1000トン(373ドル)となった。中国による安値販売キャンセルがここに見られ、結果、トルコが欧米などのスクラップ手当を余儀なくされた結果が東アジアのスクラップ上昇を招いたとした。 第三点目の国内要因として、国内電炉の製品価格対策を挙げている。電力コスト上昇に苦しむ電炉メーカーが中国の鉄鉱石スポット価格上昇とそれに伴う鋼材販価上げを契機として、国内製品価格を改定すべく原料購入価格引き上げに動き、結果、関東H2炉前価格は3月7日1万5330円/トンから5月9日に2万5000円/トンまで急騰を示したとしている。

最後に林氏は、今年3月から始まった価格高騰について、改めて我が国鉄スクラップが世界商品としてグローバル化している証としつつ、今後、沈静化に向かうと予測。実需の伴わぬ投機的な中国の鉄鋼増産の動きを注視するとともに、鉄鉱石価格が50ドル程度に維持された場合、短期的には夏から秋にかけ2万円から2万3000円のレンジで推移するとの見方を示した。ただ、中長期では中国鋼材の供給過剰が世界に及ぼす影響は揺るぎなく、下降トレンドが続くことが予想されることから、2030年鉄スクラップ1万円/トン時代を見据えた事業運営を怠らないことが重要であるとまとめている。

廃棄物処理法 見直し審議始まる 横流し、違法不用品回収対策など論点

廃棄物処理法の5年ごとの改正へ向けた議論が始まった。今回の見直しは、大きく以下4つの方向性で行われると見られる。①適正処理の更なる推進、②廃棄物処理法に基づく各種規制措置の見直し及び優良な処理事業者の更なる育成に係る措置、③廃棄物の排出抑制等及び廃棄物処理分野における温暖化対策の強化、④廃棄物等の越境移動の適正化に向けた対応、となる。

また、市況により廃棄物該当性が変動するものや、有害性の高い物品に、管理のための一定の基準を適用できるようにする制度(違法な不用品回収業者対策を含む)の検討が行われる。これは、先ごろ閉会した「廃棄物等の越境移動等の適正化に関する検討会」での議論を受けて、今回論点のひとつとされたと見られるが、「廃棄物等の越境移動の適正化」をテーマとする④とは別枠として議論される。

今後、都道府県、日本経済団体連合会、全国産業廃棄物連合会、全国都市清掃会議、日本建設業連合会のほか中小規模の排出事業者からヒアリングが行われ、年内での取りまとめを目指し、随時、審議が行われていく。

関東製紙原料直納商工組合総会 持ち去り警察協力に道筋 大久保理事長再任で3期目に

大久保信隆理事長

大久保信隆理事長

関東製紙原料直納商工組合はこのほど、東京都荒川区のホテルラングウッドにて第53回通常総会を開催した。総会では、前年度事業報告、同決算報告、新年度事業計画、同収支予算などの議案について審議を行い、各案ともに可決承認された。また、今総会では役員改選も行われ、大久保信隆現理事長の再任が決定している。大久保理事長は今期で3期目の長期政権となった。ほか、定款の変更も行われており、暴力団排除規定が新たに設けられている。

総会の後行われた懇親会では、松原仁衆議院議員、松木けんこう衆議院議員、葉梨康弘衆議院議員、特別区長会会長の西川太一郎荒川区長、渡邉政嘉経済産業省紙業服飾品課長ら、多数の来賓が招かれ、盛会裏のうち散会となった。

なお、今総会では、長年組合活動に貢献されてきた山室泰洋副理事長と瀧本義継副理事長の勇退が発表され、大久保理事長から謝意とともに記念品が贈呈された。また、開会前には警視庁から講師を招き、暴力団追放に関する講演会も開催されている。