日刊資源新報購読お申し込みはこちら

再生資源・リサイクル業界の専門紙

日刊資源新報

WEB資源新報BackNumber 2018年3月

登録制度利用し差別化も 東京非鉄がバーゼル・廃掃法改正でセミナー

東京非鉄セミナー

東京非鉄セミナー

 3月23日夕、 東京非鉄金属商工協同組合は4月1日から施行される廃掃法と10月1日からの施行が予定されているバーゼル法が係わる非鉄リサイクル業への影響等についてのセミナーを開催した。 両法改正に関わる政府の検討会に非鉄業界の代表(非鉄全連・リサイクル環境推進部会)として参加していた福田隆東港金属社長が講師となり、これまでの経緯と今後の対応策について両法を対比させながら解説した。

 この問題に対する非鉄業界の関心は、昨年7月に発表された中国による雑品類等の輸入規制の強化とこれによる低品位非鉄含有スクラップ類の国内市場への還流問題とも絡んで極めて高く、組合員他55名が参加する盛況となった。

 同セミナーは非鉄全連が名古屋で開催した理事会に先駆けて行われたものの東京版で、共通するテーマは「今次の法改正による様々な規制は、事前の事業者登録や取扱ヤードの様々な要件を満たした整備を行っておけば、逆に取扱量が増える等、我々業界にとっての大きなビジネスチャンスである」と福田氏は語っている。

 4月1日から施行される廃掃法では、有害使用済み機器に含まれる家電4品目や小型家電28品目等が含まれる雑品を取り扱う場合、それぞれの事業者は所在する各自治体に対して「保管」か「処分=破砕・切断・解体・溶断・圧縮等」の届け出(6カ月の猶予期間あり)が義務付けられる他、有害使用済機器を取り扱うヤードについてはコンクリート等床面の不浸透措置や囲い、掲示板、飛散防止、騒音・振動、悪臭等の防止その他の規制がある。しかし、この場合も鉄箱を使用する対応策等もあり、やり方一つで対応できるものもある。また、届け出の種別も保管以外に処分があり、「処分」の届け出を行っておけば、業務用等の規制対象機器でも取り扱うことが可能になって、手分解や機械解体等、非鉄業界の精度の高い分別で新たなリサイクル商品の開発にも繋がるとする前向きな取組みを提案した。

回収びんの20%が輸入品「その他色」8割強が海外由来か ガラスびん3R促進協調査

輸入びん

今回調査した輸入びん(提供:ガラスびん3R促進協)

 ガラスびん3R促進協議会は先ごろ、川崎市の資源化センターにおいて回収したびんにおける輸入びんの含有率について調査を実施した。

 ガラスびんは近年、白(無色)や茶以外のいわゆる「その他色」の構成比が上昇傾向にあり、この一因にワインなどの輸入びんの増加があると見られている。また、ほとんどが製びん用途に使用される白・茶と違い、その他色は製びん原料としての取り回しが難しいため、主にグラスウールや建材など、製びん以外の用途に原料として利用されてきた。しかし、そもそもの製品需要が少なく、その他色の利用拡大が長年の課題となっていた。今回の調査では、その他色のびんtoびん用途での利用拡大に向けての基礎的調査として実施されている。

 資源化センターの運営を受託する三栄ガラスの協力のもと実施された調査では、調査総量4607kgのうち898kgが輸入びんで、構成比は19.5%。輸入びんのうち、78.8%、707kgがその他色だったことが明らかになった。平成28年度に川崎市が収集したガラスびんのうち27%がその他色であったことから類推すると、その他色のびんのうち、およそ8割強が輸入びんで占められていることが推測できる。

 その他色の大部分を占めるが緑色だが、輸入びんの「緑」は実に多種多様で、黒に近い緑もあれば、茶に近い緑もあり、びん原料としては組成の安定性に欠ける。このあたりの課題をいかに解決していくかが、その他色の製びん利用の拡大に向けたボトルネックになりそうだ。

読売リサイクルネットワーク 青梅市で「花粉の少ない森づくり」の植樹活動

植樹活動

「読売の森」植樹活動

 読売新聞社とその販売店、および古紙回収業者から運営されている読売リサイクルネットワーク(以下YRN)では社会貢献活動の一環として、2013年度より「読売の森」植樹活動を行っているが、3月14日、東京・青梅市において植樹活動を実施した。 

 当日は関係者約50名が参加し、花粉の少ないスギやヒノキに植え替える植樹を行った。 

 YRNではこれまで2013年度より、岩手県宮古市(1年目、2年目)、山梨県甲斐市(3年目)、宮城県大崎市(4年目)で、主に広葉樹の植樹活動を実施してきた。 

 今回は、東京都と(公財)東京都農林水産振興財団が進める「花粉の少ない森づくり運動」の一環として、花粉を多く発生する多摩地域のスギ・ヒノキ林を伐採し、花粉の少ないスギ等に植え替える花粉発生源対策として行われた。 

 YRNでは、新聞古紙を回収して新聞用紙に再生することが森林資源を守ることにつながるのみならず、森林再生事業を支援することがさらなる地球環境の維持、改善に役立つとして「読売の森」植樹活動に取り組んできており、今後も社会貢献事業としてこのような植樹事業を続けていきたいとしている。