日刊資源新報購読お申し込みはこちら

再生資源・リサイクル業界の専門紙

日刊資源新報

WEB資源新報BackNumber 2019年1月

廃バッテリーが国内需給緩和で大暴落 売り先難で最悪の場合市中散乱の再現も

 リサイクルの優等生といわれていた国内廃バッテリーのリサイクルシステムが崩壊の危機を迎えている。最悪の場合20数年前に我が国に出現した「使用済み廃バッテリーの市中散乱や違法な海洋投棄という、循環型社会の構築とは程遠い事態を招く場面も充分にある」(市中2次製錬メーカー筋)と深刻な懸念を抱く向きも多い。

 直接的な背景要因として挙げられているのは、昨年のバーゼル法改正以降の我が国からの韓国向け廃バッテリー輸出の激減を契機としたもの。昨年までの我が国廃バッテリーの輸出通関実績を見ると、2017年暦年の総量では10万6585トン(韓国向け=10万5350トン)の輸出実績があったが、受入れ側の不適正な処理状況から許可数量が激減、2018年7月の7119トンを最後に8月以降は3448トン、9月3564トン、10月2042トン、11月1485トン、12月1193トンと激減、暦年合計も6万トン台と一気に4割以上の落ち込みとなっている。

 韓国向け輸出の激減は輸出先を失った廃バッテリーの国内市場への還流量の急増を招くことになり、それまで国内で流通する廃バッテリーの現物不足から高値買いを余儀無くされていた大手鉱山や市中の2次製錬メーカー各社は、国内流通量のダブ付きの下で一斉に仕入れ価格の引き下げに動くことになった。

 韓国向け輸出華やかりしころの国内鉱山や中・小2次製錬メーカーの炉前価格は、総じてキロ当たり100円から高値110円を付けていたものだったが、最近の炉前価格は何と40円とピークの半値以下にまで暴落している。

 高値買いを余儀無くされていた大手鉱山や2次製錬サイドは「絶好の敵討ち」とばかりの値下げラッシュに突入、足元は底値の見えないドロ沼の炉前価格提示と余裕の買い止めという、 上から目線での対応を打ち出しているのが実情だ。「買ってくれるところがない」 という状況の中で、回収サイドは「どこまで下がるか見当がつかない」(回収事業者サイド) のが現時点での状況だが、今後も調子に乗って需要家側が更に炉前価格を下げれば、回収放棄による市中散乱や20年程前に社会問題化した海洋投棄や山中の違法な埋立処理という深刻な問題に行きつく可能性も強いと見る向きも多い。

業界協調で安定的価格帯を 全原連が新年会開く

 全国製紙原料商工組合連合会(栗原正雄理事長)では1月24日、東京都台東区西浅草の 「浅草ビューホテル」において新年会を開催した。

 新年会オープニングでは、ソプラノ歌手の栗原利佳さんとテノール歌手のニコラ・ロッシ・ジョルダーノさんの独唱・合唱で会場は大いに盛り上がりを見せた。

 石川喜一朗副理事長が開会の辞を述べたのに続き、栗原正雄理事長が次のような主旨で挨拶した。

 「昨年の古紙業界は、前年に続いて中国情勢に振り回された年であった。特に昨年後半は、米中貿易戦争での追加関税などから米国の中国向け古紙輸出が急減したことを受けて、日本の中国向け古紙輸出は新聞古紙を中心として急増、価格は数十年ぶりの高値となった。 昨年の中国の古紙輸入は、1550万トンで前年比1000万トン減少したが、今年の輸入はさらに40%減の1000万トン程度と見込まれている。中国では、2020年までに国内の再生資源回収量を1億トン増やすことになる。昨年12月に中国が輸入量を減らすと発表してから、中国向けの古紙輸出価格は値下がりが続いてきている。目先の市場では、特に段ボール古紙の余剰が懸念されている。雑誌古紙も追随して余剰感が増すだろう。新聞古紙は、国内の発生減から需給はタイト感が続いている。需給両業界の協調のもとで、安定的な価格帯を持続するための対策を検討していきたい。古紙の持ち去り問題については、リサイクル議連で協議を継続している。現在の条例に加えて新法が必要とされている。今年も近代化促進事業に取り組み、各委員会が紙のリサイクルの促進と業界の発展のため事業に取り組みたい。」

 このあと来賓を代表して甘利明衆議院議員(資源リサイクル推進議員連盟会長)、富田茂之衆議院議員(資源リサイクル推進議員連盟幹事長)、湯本啓市経済産業省製造産業局素材産業課課長、矢嶋進日本製紙連合会会長、井上信治衆議院議員はじめ各氏より祝辞が続いた。

 懇親会では、菊池初彦副理事長の開宴の辞に続いて、渡良司古紙再生促進センター理事長の発声で乾杯して懇談となった。

 懇親宴では、定刻には、大久保信隆副理事長が中締め、矢倉義弘副理事長が閉会の辞を述べた。

大久保信隆氏が自伝「至誠一貫」上梓記念パーティー

大久保社長を祝う会

大久保社長を祝う会

 関東製紙原料直納組合理事長の大久保信隆氏 (㈱大久保社長) がさきごろ著した自伝 「至誠一貫~至誠にして動かざる者いまだこれあらざるなり」 の上梓記念パーティー及び喜寿と金婚式を祝う会が先月22日、帝国ホテル・孔雀東の間で開催された。

 会は、1月22日が大久保氏の誕生日であり喜寿を迎えること、 その翌日(23日)に金婚式を迎えることと、自伝の出版を祝したもので、当日は、 製紙メーカーや取引先、業界関係者の他、大久保氏の出身校である早稲田大学準硬式野球部の関係者、 ㈱大久保の地元である東京・荒川区のロータリークラブや町会関係者などから約400名が参加しての盛会となった。

 冒頭、発起人を代表して、㈱齋藤商店代表取締役社長の齋藤米蔵氏と㈱ナコジ代表取締役会長の名古路勝彦氏が開会の言葉を述べ、 続いて、 祝う会の実行委員長を務めた早稲田大学(早龍会)の友人である福田秋秀氏が挨拶を行った。

 レンゴー㈱東京本社代表取締役兼副社長執行役員の長谷川一郎氏、東京二十三区区長会会長で荒川区長の西川太一郎氏、早稲田大学教授で準硬式野球部部長の大月博司氏が祝辞を述べた後、 全国製紙原料商工組合連合会理事長で栗原紙材㈱代表取締役社長の栗原正雄氏が乾杯の音頭をとった。

 会は、大久保氏の謝辞に続いて、 ㈱大久保の常務取締役である大久保氏の次女・薫氏をはじめとする3姉妹がお礼の言葉を述べた。

 自伝「至誠一貫」は、太平洋戦争のさなかの幼少期から早稲田大学に入学するまでの少年篇、野球に明け暮れた早稲田大学時代の自立篇、㈱大久保の前身である大久保商店に入社してから副社長になるまでの風雲篇、古紙輸出に注力した豊熟篇、東日本大震災の被災者への支援活動や地元への社会貢献活動に従事した報恩篇から構成されており、非売品であるが約280ページに及ぶ大作。表紙には王子製紙㈱の、本文には北越コーポレーション㈱の用紙が使用されている。